今週の裁量トレードの結果は、2勝1敗 +23,956円でした。

  pips 損益(円)
NZDUSD -10.0-32,905
EURUSD 1.65,261
EURUSD 17.251,600
合計 8.8 23,956



NZDUSD トレード振り返り


NZDUSDH1


見事な高値掴み。

日足の流れに対しては逆張りで、日足のEMAとSMAがデッドクロスしている状態でした。これだけを見ても、ロングを打つのはあまりにも早すぎて軽率だっと思います。

この日は水曜日で、月曜日と火曜日にエントリーチャンスが無くノートレードだったので、少なからず焦りの気持ちがあったのだと思います。

自分の思惑と違う動きをした場合はしっかりと損切り。もし損切りしてなかったら、その後の下げで強制ロスカットされてますからね。


EURUSD トレード振り返り


EURUSDH1

1時間前にエントリーしたNZDUSDが捕まったのでカバーに入りました。もちろんエントリー条件は満たしているポイントです。

先にNZDUSDを損切りし、その後EURUSDが損失をプラスマイナスゼロにするくらいまで順調に伸びました。そこでいったん決済しようと思ったのですが、欲が出てS/Lを建値に置いてもう少し見ることをチョイス。
それが失敗。あえなくS/Lに掛かってしまいました。

S/Lを建値に移動するのは、節目を作ってさらに伸びたときのように、反対方向に止められたポイントが出来たときに始めてやるものなのかなと考えています。

その後の下落を見ると勿体なかったと思いますが、自分の力量不足なので致し方なし。


GBPJPYトレード振り返り


GBPJPYH1

木曜日にヘッドアンドショルダーっぽいチャートパターンを作っていて、移動平均線もいい感じに付いてきていたので、朝からチャンスを待っていました。

ネックラインに戻りが入って反発したのを確認してエントリー。もっとすんなり落ちていくことを期待していましたが、期待とは裏腹に揉み合いながら下落。ただ、自信があったポイントだったのでトレード中にヤキモキすることはなかったです。

利確後に跳ね上がって、さらに反発したところで再度乗れるチャンスがありました。金曜日の後半だったので見送り。…が、ズドーンと落ちましたね。金曜の深夜にチャンスを逃すことが多い気がする。


まとめ


NZDUSDとEURUSDのトレードがひどすぎました。

学んだことは以下の3点。
  • 日足の流れには逆らわないこと
  • S/Lを建値に移動させる場合は、反対方向への動きが止められたことを確認すること
  • 金曜深夜でもチャンスが来れば乗るべき






★応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ