4/20週 裁量トレード振り返り


まずは一週間のトレードの振り返りから。トレード回数は2回。

  pips 損益(円)
EURUSD 9.82,109
EURGBP 9.22,444
合計 19.0 4,553

火曜日にポンドドル・ポンド円・ユーロポンドなどが大きく動きましたが、エントリーを躊躇してしまいました。その後はこれといったチャンスが無く、1万円チャレンジでスキャルピングをやっただけの一週間でした。

とはいえ、これで10週連続でプラス収支を達成しました。来週以降も継続するため、規律正しいトレードを心がけます。


混戦では静観


月曜日のツイートです。
ドル円の1時間足チャートを例に上げると、今週はこのようなチャートでした。
USDJPYH1

上下に細かく動いていて、上にいくのか下にいくのか全然わかりません。移動平均線は横這いになっていて方向感がありません。

このようにロング勢とショート勢が入り乱れて混戦になっている場合は、私は物陰に隠れて静観し、戦闘に参加しません。どちらかの軍勢が潰走し始めるのを待ちます。

ギレン・ザビではないですが、「圧倒的じゃないか、(ロング勢/ショート勢)は」と言いたくなる状況が来るのを待ちます。


勝ち馬に乗る


ロング勢とショート勢のどちらかが相手を圧倒し始めたとき、いつ戦場に飛び出して加勢するかですが、それは自分のエントリーパターンが出たときだと思っています。エントリーパターンこそ一方が総崩れになる瞬間を教えてくれると思います。

タイミングよく加勢できれば、あとは追撃する軍勢についていくだけ。自分は一生懸命戦わなくても、味方の軍勢がどんどん進撃してくれるので、後ろの方で戦っているふりをしておけばいいです。

ということで、どうなったら相手方が崩れるかを徹底的に勉強して、そのような状況になるのを待つことができれば、週単位で負けることはなくなるのではと思います。

エントリーパターン(手法)は人それぞれ違うので、何がFXの本質であるかを考えることが重要だと思います。





★応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ